MENU

面接の合否は、企業都合とライバル関係で決まる

面接の合否は、企業都合とライバル関係で決まる 面接を行う時には、なるべく自然体で行うのがベストです。面接の場でだけ自分自身を良く見せようとしても、難しいものがあります。それよりは自然体で面接を行い、普段のあなたの良さをアピールした方が良いでしょう。それに、面接の受け方にはどのようにしたら絶対受かるというセオリーはありません。寧ろ、面接の合否は、企業都合とライバルとの関係で決まっています。

企業都合というのは、企業が求める人材像がどのようなものかということです。企業の求める人材像とあなたの人材像が合致すれば、採用される可能性はかなり高いです。また、企業の募集人数や人材状況も重要な要素になります。募集人数が多いほど、チャンスが拡がることが多いです。更に、今直ぐにでも人材が必要な状況なのかどうかということも面接の合否と大きく関わります。

次に、ライバル状況も重要です。例えば、募集人員1人のところに強力なライバルがいるすると、あなたご自身のスキルや能力に何ら問題がなくても不利な状況になってしまいます。あなたより更に先方の企業が求める人材像に合致したライバルがいる場合、それもまたあなたにとって不利な状況になります。逆の状況になれば、あなたにとって有利な状況が生まれます。面接を行うにあたっては、このようなことを認識しておく必要があります。あなたの努力ではどうしようもできない部分です。これを理由に面接で落とされたとしても、気にする必要は全くありません。寧ろ、あなたはあなたの努力で何とかできる部分に注力すれば良い訳です。

お役立ちサイト