MENU

面接時の服装について

面接の合否は、企業都合とライバル関係で決まる 転職や就職など面接を受ける機会というのは誰の身にも起こりうることですが、そう頻繁なことではないので緊張するのは当たり前のことではないでしょうか。面接の良し悪しによって、自分の人生に大きな影響を与えることになるので、慎重に取り組まなくてはなりません。もちろん面接の内容も大切ですが、やはり一番初めの第一印象がもたらす影響は大きいです。服装には十分注意しましょう。スーツを着用していくのはもちろんですが、シャツにシミやシワがないかや、靴が綺麗に磨かれているのかなど、自分ではあまり気にしていないところまでみられていることを忘れてはいけません。

面接時には服装はかなり大切で、どんなに優秀な人材でも服装のマナーが悪いと採用にはつながりません。社会人として常識のある服装をしていくようにしましょう。しかし、そうは言っても会社によっては少しはオシャレな格好をしたほうが好印象というケースもあります。面接に行く前に、実際にその会社で働いている人の服装を見ておくというのも大切です。社風に合わせた格好にしていきましょう。どんな時にも、周りのことを冷静に見ることができるかということは、面接だけではなく働きだしてからも役に立つことです。

お役立ちサイト