MENU

面接とコミュニケーション

面接の合否は、企業都合とライバル関係で決まる 面接時には第一印象はかなり重要ということは確かですが、服装や髪型といった身だしなみは、事前に家で準備しておくことができるところなので、緊張するポイントにはならないのではないでしょうか。やはり、何を質問されるのかや、どう答えればよいのかはその場にならないとわからないことなので緊張する要素となります。面接官とうまく会話のキャッチボールが出来ているのかという点は採用の合否に大きな影響をもたらします。どんなに優秀な人材でも、話が噛み合わなかったり自分勝手に話す人と一緒に働きたいと思う人はいないので会話のキャッチボールには注意しましょう。

いつの時代でよ面接は緊張することです。近年では、他人とコミュニケーションをとるのが苦手という人も増えており、さらに面接が苦手という人が多くなったのではないでしょうか。だからこそ、面接時に自分をアピールするためにコミュニケーション能力が高いと言う人がいますが、それは必ずしも好印象をもたらすとは限りません。コミュニケーション能力があるかないかは、自分ではなく話している相手が決めることであり、自らそんなことをアピールする必要はありません。他にアピールするところがないからコミュニケーション能力を持ち出したと思われてしまいます。

お役立ちサイト