MENU

面接前に業界の情報を知っておくこと

面接の合否は、企業都合とライバル関係で決まる 就職活動を上手にするには、受けたい企業の業界を良く調べておくことです。そうすることによって、面接などで聞かれても答えることができます。企業では採用担当がきいてくることに、業界の未来についてどうおもうのか聞かれることがあります。もちろん自分なりの見解でいいのですが、あまりに知らないと、何も勉強をしてきていないとなってしまうので気をつけることです。業界の情報というのは、インターネットでも調べることができますが、ネット上の情報だけでは少しかじっただけになります。

やはり、身近に働いている人や先輩がいるのであれば、前もって聞いておくことでかなりわかりやすくなり、自分なりの意見をいえるようになります。仮に面接で聞かれたときにあ、ネットで載っているような聞きかじっただけの単純な意見を述べてしまうと、すぐに薄っぺらいことがわかってしまうので、あくまでも他人の見解を通して自分なりに考えていることを述べることです。人は本来すぐ真似をしてしまい、自分の意見を言えない傾向がありますが、これを打ち破っていくと採用担当の目に留まるようになります。そうなると面接からの採用が上手くいくようになり、念願の就職ができます。

お役立ちサイト