MENU

面接を受ける際のマナー

面接の合否は、企業都合とライバル関係で決まる ビジネスマナーは社会人になったら新入社員として学ぶべきことですが、就職のときや学生のときのアルバイトの面接のマナーは自分で学ばないといけません。まず面接のマナーには一番重要なのが時間を守ることで、ビジネスでは時間との戦いという言い方をしたりしますが時間厳守というのが鉄則になります。Wワークでのアルバイトや転職の場合には今している仕事もありますので、特に時間が遅れてしまうということがないわけではありません。そんなときでもきちんと遅れる連絡をすることが大事であり、やむをえない用事であれば想定内として大目に見てくれます。

そして現代人に多い面接のときのマナー違反にスマホや携帯があり、電車やバスそして病院などでもスマホや携帯はマナー違反になっていますが面接にも当てはまります。もちろん面接を受けているときにスマホや携帯を触ることはありませんが、面接を受ける前や後の待ち時間に触っている人が多く見られるようです。他にも面接中にスマホや携帯が鳴ってしまうこともあるのだそうで、面接を受けに来ているという緊張感がない現代人が多くなっています。面接を受ける場所に来たら必ずスマホや携帯は音がならないようにして見ないようにしましょう。

お役立ちサイト