MENU

面接では自分の意思を伝えることです

面接の合否は、企業都合とライバル関係で決まる 企業の面接では意欲を感じられる人材が目を引きます。中にははっきりと意見をいう人もいますし、何よりもわかりやすい口調で話せることが大切なことになります。特に採用担当は、業界のことを知っているかどうかを見極めますので、いろいろな質問をしてくることがあります。全く業界が未経験でも、わたしはよくわかりませんというような事を話しては、せっかくの面接もマイナスになってしまいます。そうならないようにするには、業界のことは未経験ですが、わたしはこう考えますというような話をするべきです。

そうすることで、採用担当も正直に話していると評価をしてくれますので、嘘をつくことなく前向きな評価に変えることができます。前向きというのは、あくまでも自分の意志として前向きになることで、わかっていないのにわかったつもりで話すことではありません。すでに面接をする採用担当は、何度も修羅場をくぐっていますので、浅い知識や浅はかな考えなど見えています。いかに面接では、知らないことはあるがわたしの信念はそこにあるという意思を伝えることになりますので、おもいきって話をしてみることで道が開けてきます。何も話さなくてはそれで終了しますので、アピールはすることです。

お役立ちサイト